kojip

日本公国主義共和党

日本公国主義共和党の原案
ホワイトボード:日本公国主義共和党の内容について
日本公国主義共和党内の部会です
保守派勢力です(これは意見広告です・および書き込み中です)
禁:無断複製・無断転用

研究室

目次

必要勢力である事に関して
個人のアイディアについて

政府組織について
国税内容に関して
国会の諸権利の地方自治制度議会への権利移行について

民衆主権主義について
議会について
三権分立について
護憲政策について
日本国に元首制度は、ありません。護憲政策による日本国憲法前文の改正を、更に民主主義制度の基で元首制度を定義付けしましょう
制度的準備について

議会について
三権分立について
国税と地方税との比率に関して
福祉税率に関して

憲法上の主権に関して
議会について
三権分立について
身軽な組織制度の準備について

身軽な組織制度の準備について

  • 日本、及び日本国の正式国名及び呼称に関する、日本国憲法における恒久的な制定の目的と、その準備に関する国民的合意に関する考え方 それらに附帯する合理的な、制度としての民主主義に関する国民的な合意内容に関しての考え方(参考文献の公開の義務と市民としての独立に関する考え方について)
  • 日本国憲法改定時に必要な考え方
  • 法案制定方法基本法の確定定義の確認と、新著作権法制度の原則の確認(上法:日本国憲法における国定義法案,右法:公民権民法国定義法案,左法:高等商法国定義法案),中・左右法:市民権法国定義法案,下法:刑法下法定義国定義法案)の確認
  • 日本国防衛について

シビリアン・コントロールの制度的確立
日米安全保障条約に関して
邦人安全保障について
司法権の確定について

地方自治法条例主権および権利の、国と新自治府内立法機関との関係について(日本公国主義共和党的経済概論)

国際関税権主権の新自治府への譲渡(自由貿易港諸権利法法案)など

主事制度に関する意見
主事(日本公国主義共和党に所属する当会派=紳士淑女の会会長)は、制度上の非国会議員である事に関する意見
監査機関と日本公国主義共和党に所属する当会派=紳士淑女の会との別議に関する考え方
監査機関の党外制の保証
健常者による日本公国主義共和党主事制度の規定

日本公国主義共和党に所属する議員および日本公国主義共和党に所属する国会議員は、日本公国主義共和党の制度上の制約からの独立、およびそれらに関する限りからの自由について保証されております=党則規定からの自由の保証
日本公国主義共和党に所属する議員および日本公国主義共和党に所属する国会議員は、公約の明解さ、および公約違反に関する事に関しての辞職の責任をまで、主事義務を担う事に関する必然性を認めます

公国主義
連邦主権連合王国主義(王室の定義に関して)→日本の共和主義導入化に関して

保守派勢力です

  • 日本国の民主主義は、現行の制度的体制を、税制の面から最小限の負担で変革しなければならないと考えます
  • それには、なるべく国民への負担を最小限に、かつ国体制を円滑にし、そして税制的なものが国民に対して有理的主権でなければならないと考えております
  • かつ現行の国民一人一人の既得権をも最小限守らなければならず、そのために生ずる過負担という名の国民の国への負担を、少なくとも税制面においては、自分の住む地方へと有理化しなおさければならないと考えているのです
  • そのためにはまずはじめに、国民一人一人の納税の側から見た国税と地方自治税(新自治府税)を、一対一にするべきだと考えております
    これらは、1970年代に言われていた事柄ですね

必要勢力です

  • 保守派勢力としての規範を持ち、かつ地方分権型である勢力は、日本国にとって必要であります
  • それは誰もが共通に、現在私たちが生活して行く為に必要な既得性を守らなければならず、かつ同時に、税制的に有理である事が望ましいからです
  • そのために私たちは、納税者から見た税率を、国税対新自治府税率、一対一にするという事を政策課題に掲げます

個人のアイデアについて

  • 自分の生活を守る為の知恵と知識を、日本公国主義共和党に所属する当会派=紳士淑女の会で共有する事を、お勧めします

地方分権型勢力です

  • 将来的には、新自治府は自治政府的機能をも果せると考えています
  • 国定関税に関する主権をも、段階的に新自治府への主権譲渡へと結び付けたい考えです
  • 少し新選組的な自治主権ですね

政府組織に関して

  • ずばり小さな政府を目指しております

国税内容に関して

  • 間接税は現行税率を一時維持するものとし、名称を赤字国債返済目的税とする事を目指しております
  • 福祉税名目の税は国税、新自治府税(現地方税)との兼ね合いで、国主権と新自治府主権との折衝ないしは協議をする事を前提、目的としています
  • 重複名目税を一本化します
  • 国税対新自治府税率を一対一にする事を目標にします
  • なお市町村税においては、現行制度を施行するものと考えます

国会の諸権利の地方自治制度議会への権利移行について

  • 新自治府が自治政府としての機能を持てるよう、新自治府が、0議会(立法)、地方自治体(行政)、司法の簡略的分権機構、および組織を持つ事を目指します

国(政府)および地方自治(準連邦国制度型)への共和制度導入勢力です

  • 日本公国主義共和党は、基本的に護憲勢力であるべきだと考えます
  • ただし武装革命などの非合法活動を日本国に対しても諸外国に対してもせず、かつ党内が議会制民主主義によるものであるならば、党内の改憲論にも吝かではない、という基本姿勢を築くべきだと考えます
  • その上で法の有理化をなすべきだと考えます
  • 完全な形での議会制民主主義制度の守護であるべきであり、日本国の完全な形での民主主義形成の一躍を担うべきです
  • 時間的かつ歴史観的妥当を保ちながら、時間をかけて取り組むべき問題だと考えます
  • また施策的に新首都建設、フリー・ポートなどの新しい行政の枠組みにも挑戦するべきです

民衆主権主義について

  • 民衆主導型の有理化を、法的に実現するべきです
  • その上での合法的結社の自由は、それを恒久的に保障されるべき問題であると考えます
  • かつ民主主義は、それを保証するべきだと考えます
  • これらは日本公国主義共和党党則に明文化するべき問題であると考えます
  • 国民一人一人の主権は、その法的有理化におき法的に制度において保証されるべきであると考えます
  • 主権、主導と個人との釣り合いは、その個人の部会の設立を、日本公国主義共和党は阻害するべきではないと考えます
  • 三権の単位としての自治府を制定する、施策公約勢力であるべきです
  • 決して、おもちゃの民主主義ではありません

議会について

国会に関して

  • 現行の議会民主制を継承するものとし、ただし三権の独立の保証は参議員議員会特別分会に委ねるべきであると考えます
  • 日本公国主義共和党では衆参両議員定数の削減を求め、日本国の国際収支に鑑みて充分に”小さな政府”であるという必要充分を国政に求めて行くべきだと考えております
  • 行政、司法権に対しても”小さな政府”であるべき妥当を求めて行くべきであると考えます

新自治府立法議会に関して

  • 立法機関である事を明文化するべきです
  • 例えば北海道の場合、”北海道自治府立法議会”と議事されるべきです
  • 議事に関しては、すべて一般公開するものとし、広報の義務があるものとします。
  • 三権の内容はそれらの殆どを、閲覧できるものとし、三権はそれらに対して共通の、かつ有理化された義務を負い、さらに共通の閲覧に関する専門機関を設けるものとするべきです
  • 三権の独立を推進、維持する為に三権の閲覧に関する専門機関は、独立の民間法人であるべきだと考えます
  • その際には充分に個人の人格、プライバシーの保護に考慮し、適時充分に配慮するべきだと考えます
  • 随時、必要三権補佐機関は民間法人へと、委託されるべきであると考えます

三権分立について

  • 国政と新自治府は三権において、法的主体の独立が保証をされているものとし、その機関は充分に有理化されており、かつ正当性のある(議会民主制度の基に)共通の主体を有するものとします
  • その主体とは、公共の福祉を目的とし、正法治主義に促した、公平であり、しかも自由、かつ平等な、国民主体を目標とすものとします

日本国に元首制度は、ありません 護憲政策による日本国憲法の前文改正をし、日本国元首制度を民主主義制度の基で、定義付けしましょう

現在、世界中には、次ぎの元首制度が存在します

  • 王国制度

     王様が、元首です 世襲制度です

  • 公国制度

     首相が元首です 別に、世襲制の国定王室があります

  • 共和国制度

     大統領制度です

     革命国が主にあげられます

  • 連邦国制度

     多民族国家における、制度です

  • 合衆国制度

     連邦制度の基における、連邦法と地方自治法における主権確定制度です

  • 社会主義制度

     革命政府の内の一つの体制的ジャンルです

  • 政教分離民主主義制度

     過去の世界大戦帥軸国であった側の制度です

公国制度と共和国制度は、同一にはなりません

日本国は、日本国内のどの体制の中にも、元首が存在していません

日本公国主義共和党は、日本国憲法の前文による、日本国元首制度の規定を望みます(共和国制度)制度的準備について

  • まず個人において、個人における尊厳の独立の保障をなすべきです
  • 正当性、正確さ、真実、時間、歴史性において、個人の人権を守るシステムが一つの法文書において必要です=市民権法(=現民法)、公民権法の制定
  • 公共性における民意行政の税支出の軽減をはかり、なおかつ情報公開の妥当性により、公正で平等な社会を築くべく合意と、その内容の保証が必要です
  • 民法を市民権法と、公民権法に、分割するべきであります
  • 公共的正当性、正確さ、真実、時間、歴史性を福祉の為に有理化し、市民に対して法の機会を、再分配する必要があります
  • 市民は、公共の福祉における構築の自由を保障し、なおかつ安全な社会福利を築く義務があると考えます
  • これらは民主主義の保証と義務の基、安全にかつ合理的に、民意に反映されていなければならないと考えます
  • 民意の意識の有理化された内容は、すなわち行政は、民間などの法人において同時に、その内容を達成する義務があると考えます
  • 市民は、正確な内容の報道には、正当な評価を与えるべきです
  • 以上の内容外の公共の福祉も、行政とその主権を委託された市民団体法人などとの合同により、達成されるべき内容であると考えます
  • 現在の日本国憲法と、民法、公民権法、地方自治法、健康福祉法、商法、刑法の市民権における法文の対応を、日本国立法府議員の参政権に義務付ける法案(参政権法)が必要であります
  • 市民権における左法、右法、国外法対応における法文対応の原則を、参政権に義務付ける法案が必要です

小さな政府組織を目指す勢力です

  • 日本公国主義共和党は、”人権の単位としての政府”を目指す勢力です

現在の大きな政府および国政福祉制度の履行を目指す形での政策では、国民の人権の単位としての、”民意人権”自体の重複が、膨大な数に登ってしまう事になり、民意の主権における民事税が過重複になってしまいます

  • そのような状態では、政府と国民一人一人の主権格差が広がってしまい、当初の日本国憲法が定めた精神、主権の平等、公正な社会の実現が危うくなってしまいます
  • ひいては民主主義の根幹を危うくするものと考えます
  • 経国済民を目標とする我が国の経済という言葉の語因は、現代ではその目標と目的を、民間の一人一人がその主権を持つものであると認めるべきであり、その上での自由主義資本論を堅持して行くべきです
  • その際の日本国の主務は、税制だけの責任に留めるべきであり、主監督、主責任等と、財政とは切り離して考えるべきであります

議会について

  • 議会は、三権のうちの立法府である事の施策態度が、日本公国主義共和党としての一致した施策態度であるべきです
  • その内容を再度確認し、法の施行に関する主権は、国民と行政が持つという事を、そしてさらに、それらをコンセンサスとして、立法が、国民一人一人に対して、合意、確認をする必要があります
  • 日本公国主義共和党の議会運営のあるべき姿は、政府主体が、その政府に対しても民間に対しても、小さな政府の必要機関であるとするべきであり、そのための永続的努力をなすべきであります
  • 日本公国主義共和党の議会運営は常に、現行の議会運営および政策、施行、施策内容を吟味、継承しなくてはなりません

その上での、法の福祉に反してはなりません

三権分立について

  • 社会における個人個人の平等に関して
  • 立法について
  • 選挙に関して
  • 行政について
  • 民間との関係について
  • 司法について
  • 民法、環境法(生活権)、刑事法の司法権主権の、立法、行政からの権限の独立について
  • および新自治府組織との関係
  • 内閣について
  • 首相制度について

    これらに関しては、次回のアンケート形式の知識吸収ボードに掲載させていただきます

国税と地方税との比率に関して

    これらに関しては、次回のアンケート形式の知識吸収ボードに掲載させていただきます

    ご意見を沢山寄せていただければと思っています

福祉税率に関して

  • 福祉制度の棚上げ、後退は考えておりません
  • 社会の有理化率をその福祉財源の基準と考えております (有理化率とは公共の福祉の制度の、重複の度合いを意味しているのではなく、有理化された社会行政の予算を、”位置”と見なした指標および基準であります。この場合の”運動”は、それを、合理化と定義します=福祉には社会的”慣性”が必要であります=∴この場合の社会福祉の有理化は、常に個人に対して継続していきます)

    これらに関しては、次次回のアンケート形式の知識吸収ボードに掲載させていただきます

    ご意見を沢山寄せていただければと思っています

地方自治政府(仮称 : 自治府)の制度について

  • 地方自治府とは、政府との対機関として、また自治政策の主管として地理的に位置し、尚且つ三権分立を有する主格の独立した主権機関として存在します

憲法上の主権に関して

  • 自治府は、国際的自治権の範囲以内の地理的主権政府として、その地位を認められるべきであり、その主権は民主主義とそれらの公共の福祉の平等を、自治権内主権者に対して保証しなければならないものとします
  • その自治府主権者とは、国定住民票所有在籍者として日本国においてその主権を認められ、尚且つ国際法法的に旅券を所得、所持する資格を有する邦人資格者として、その公共の福祉を妨げることのない主管、および主権者を指して、公的に認められます
    その互いの主管、主権を公共の福祉として公において認知されるものとし、日本国は、それらの代議主機関としての、三権分立機関、立法、行政、司法の主管を自治府として国際法、国内法法的に制定し、日本国がその日本国領域においてそれらの代議制を認め、それらを保証する義務があるものとするべきであります
  • 自治立法府は、その国際法法的な先住権を、法的に履行しうる日本国国法内補機関として、その代理機関としての主権を有し、それらの民主主義としての自由を保証するものとします
  • 地方自治府は日本国国法的外交権及び自衛権に関し、それらの主管を日本国に代理するものとするべきです
  • ただし民主主義議会としての地方自治決議権は、その参政権、参議権の義務としての範囲において、日本国国法的に認められるものとするべきであります

議会について

  • インターネットと組織運営、経理運営などの卒業学位論文のある方、知識を貸してください

三権分立について

  • 日本国財政及び自治府財政は、互いにおいて独立しており、財政の制度的有機性は、順次, 年度制度的に廃止していくべきであると考えます

身軽な組織制度の準備について

  • 日本国財政及び自治行政府は、日本国国法通用通貨に対して、その税制年度内において、税制、財政収支を等価として決済する義務が、主権者に対して制度として存在し、その財政としての義務は、経済としての成長率を基準的に超えてはならないものとする、基本的な制度と、それらに関する情報公開の義務があるものと考えます

日本、及び日本国の正式国名及び呼称に関する、日本国憲法における恒久的な制定の目的と、その準備に関する国民的合意に関する考え方 それらに附帯する合理的な制度としての民主主義に関する国民的な合意内容に関しての考え方(参考文献の公開の義務と市民としての独立に関する考え方について)

  • 日本国の市民は、日本乃至は日本国において、憲法における自国の国名、国章に関する議決を民主主義及び平等において定因する事のでき得る自由を、諸外国に対して、民族として所有しており、その国際法的責任に関する所在を、明文化しうる責任の能力を、常に議会として定立する義務と能力が、民衆主権の同義的立法に対して存在する事を、認めるべきであります
  • その上における苦渋、労苦に関する不平等は、教育という目的と、生存という目的に対してそれらを否定しうる法的立場を人類全体の平和という目的に対して市民は公に認めるべきであり、それらに関する責任と主権に対しては明文として同意するべきであります
  • その上で戦後としての法廷的黙秘権は、国民の主権として、法治的に認められており、その上での国際的な立場としての戦勝国としての賠償を、恒久的に放棄するものとするべきであります
  • 戦定的法廷に対する黙秘権は、同じ目的を持つ如何なる市民に対しても、国際法的に認められる事を、日本国は平和条約に対してこれを認め、その上での連合国加盟を平和時における認定として、行政は黙秘権者に対して国法の定律の明文化をする義務が存在する事を、法的に認めるべきであります
  • 平和条約の目的は、相互の領土、国境に対する恒久的な確定の目的のために実施されるものとし、その為の集団的自衛権に対しては、戦時的刑事犯罪に対して明文化しうる範囲と、能力において責任を分担するものとするべきであります
  • 政府には、好戦的国民に対してには既に、集団的自衛権が平和条約の範囲の中には存在する事を、それらの内容に対して広報をする義務が存在し、それらに対して、国民に事前に報告する義務があることを認めるべきであります
  • その上で、徴兵制度に対する義務は、恒久的にそれを放棄する手続きを、法的に権利として認めるべきであります
  • 中立に対する保証は、法的に手続きとして存在するべきであり、それらに対して主権者は権利を所有している事を認めるべきであります
  • その為に国際とは、民族を保証する権利として、その独立の承認に関する主権機関であることを認めるべきであります
  • 如何なる目的に対しても日本国憲法は、邦人に対する民主主義の目的のために、その公共の福祉を守り、主権を保証するものとするべきであります
  • その上で日本国政府は、平和条約の締結に関する恒久的な努力を実施する義務が存在し、それらの人権は、人命共に認意と発言とを保障するべきであります
  • 以上、三権の独立は、それらを保障するべきであります
  • 日本国における兵役の義務は、それらに対する平和と維持に対して義務が存在するものと、認めるべきであります
>

日本国防衛については

  • 日本国の兵役は、充分に年齢的に成熟した市民としての社会構造において、その属する社会の社会的必然に対しての不可測な理不尽を、職業上の内容の前提として位置付け対処する専門職であるべきであります
  • その最大の目的は、主権国及び独立国としての日本国の領域、領空、領海、領土の地理的な防衛において、他の日本国の主要及び主権代議機関の正当防衛に関する民主主義の内容の履行に対して生じた、特種な災害の内容に対して限定されており、その内容に対する兵役として目的の存在する事を意味しております
  • 専門的な技能組織の単位としての位置付けは、各個人の一人を意味しており、その一人と人命は民主主義の一員である事を一つの職域内容として義務付けられて存在します

シビリアン・コントロールの制度的確立

  • その職務の履行に対する組織は、一元的な組織内容として常に平和に暮らす日本国民に対して存在し、その職務の一つの職務にある職権履行に際しては、日本国首相の署名が原則として必要であります

日米安全保障条約に関して

  • 日米安全保障条約の内容に関して、その職務的兵役の相互条約乗り入れは、最終的に相互の領空防衛に関する乗り入れの内容としてのみ、平和条約として認められるべきであります
  • その他の領域、領土、領海に関する防衛に関する法案は、合衆国主権との平和条約の内容と、その他の民主主義国家主権との平和条約内容とには、条約の内容とに優劣がない事を、基本として目標とするべきであります
  • ただしそれらは国際的最恵国待遇としての、民主主義の条約内容の批准に限られており、平和条約締結国間におけるテロリズムなどの危険の発生に際しては、その条約的内容の警察権は、地理的主権当事国にあるものとするべきです
  • その国際的警察権に際しては連合国監察を一義的に保証し、認めるべきであります
  • それらに関する多国的不平等条約に際しては、その内容に関して当事国は、連合国の会議の場で公開する権利を保障されており、その当事国としての場合の日本国は、その最恵国の内容に関して平和条約の内容のより良い方向に関して、その国際的な時間的中立をもってしても、改善の努力に向けて努力するべきであります

邦人安全保障について(併せて国際的な難民の人命、および人権の保障の内容の法的立場について)

  • 日本国の兵役は、国際的な平和維持活動に際して、その難民の政治的立場の時間的中立の保証に関してのみ、民主主義の活動の枠の中にあって、連合国として活動し、その他の危険職務に関しては、日本国国法の中身においてその職務を放棄する手続きを、連合国に対して主権として保証されるべきであります
  • 日本国領域、領空、領海、領土内におけるテロリズムに関する当事国としての主権は、連合国に対してその刑事的主権を民主主義の下に認められるべきであります
  • 平和な市民生活としての前提の枠外の軍事活動の一切に関して、”日本公国主義共和党”としての内容として、それらを除外します

制度的身軽さについて

  • 地方自治法条例主権および権利の、国と新自治府内立法機関との関係について(日本公国主義共和党的経済概論)
  • 国際関税権主権の新自治府への譲渡(自由貿易港諸権利法法案)など

フリーポートの自治的主導性

  • (サポーター制=住み良い国民性に関する審議の諸権利の制度化法案)について

自治的中立の自由について

  • 公民権法の定めるところにより、人種民族による差別は、それらを否定されるべきであります
  • 技術の進歩による本人の、人種民族的確定による不当な差別をなくし、それらには地方自治的な中立の立場を取りうる権利を保障するべきであります
  • 地方自治府は、国防の内容の範囲においても、中立の立場をもつ権利を有するべきであります
  • あらゆる市民権者が、その人種民族による、不利益を免れるべく自治権は、その守護であるべきであります

地域医療保健法の改正に関して

  • 糖尿病、および歯周病に関する自己医療費負担額は、保健種類に限らず罹患者医療負担を5割とするべきであります
  • その他の病理社会負担比は、現行健康保険法の保険法高の水準を、今のまま維持をします
  • 血友病(根源遺伝子病および特例難病)、遺伝子病難病者、精神神経科病理者、知的知能障害者の負担を、1割
  • 慢性病理者

一人においての複数慢性病理医療健康保健負担を、年間3割と、決めるべきであります

  • 一般
  • 国民健康保健罹患者負担を3割、社会健康保健負担2割、乳幼児負担一律1割
  • 妊娠女性
  1. 妊娠女性医療負担1割、妊娠女性、産婦負担、出産乳児健康診断医療負担1割
  2. 普通病理遺伝子検査1割
  3. 計         3割負担
  • 遺伝子病病理検査の負担1割
  1. 親子判定時の、両親の遺伝子検査は負担5割
  2. (未成年子供側からの遺伝子検査以来負担は1割)
  3. (成人子供側以来負担は、5割)

厚生省の別途特例による、医師資格者による誤診察、医療ミスに対応をした国保保険の創設をするべきであります

日本公国主義共和党組織について

身軽な組織制度の準備について

  • 代議士選出にあたり”日本公国主義共和党”では、その選出当初から便宜的に、既存の行政機関に関する専門的技術を有する技術者を、その目的において一義として任意されるものとし、その公認にあたり、推薦人としての”日本公国主義共和党に所属する党派”の署名が、複数及び必要十分数であるものを候補者とします
  • 公選に際しての”日本公国主義共和党”に所属する当派としての立候補には、まず、この党籍公認を必要とし、この候補者の中から、国会議員、及び議員候補を有立するものとします
  • この党籍公認の際の推薦人としての枠内には、既に代議士及び議員として定職にあるものを例外なく除くものとする党規定が定律し、その上で同一選挙区内にて議員定数の半数以上の党内候補者が成立した場合は、党内の規定に即して予備選挙を実施するものとするべきです
  • 必要全国区公選においての”日本公国主義共和党”党籍としての立候補には、この公認のほかに、自治府単位に存在する”日本公国主義共和党当会派=紳士淑女の会” の公認手続きが必要であり、この際にも、これらの公認手続きには、既に代議士であるもの及び議員であるものの手続き上の例外は、存在しないものとするべきであります
  • 世襲制度議員を除いては、国会議員、議員の公約活動、公認活動は、自由に行われるべきであります
  • ただし、上記の党籍立候補それらにおいて、日本公国主義共和党に所属する当派の選挙候補者に対する後援会の設置に対する自由は、その当派としての党籍において保証されており、例え候補者が党部外者であったとしても、選挙における公認手続きは、”日本公国主義共和党に所属する当会派=紳士淑女の会”に対して行えるものとするべきであります
  • ”日本公国主義共和党”公認国会議員選挙候補者は、選挙に先立ち、その選挙人個人の所有する私有財産に対する公開の義務に、同意するものとします
  • 公約に関して、どの代議士、議員に関しても、その専門性の要綱、属性に束縛されることなく、学校教育、運営に関して、考えを纏め、公表する義務が存在するものとするべきであります
  • その際の日本国憲法に対する任意には、”日本公国主義共和党”当派としての合同の認識と、それらに関する代議士、議員個人の思案とへの併記が所管として望ましく、常に邦人としての法治主義に関して、法内的に明示するべく義務が成立するものと考えます

日本公国主義共和党に所属する議員および日本公国主義共和党に所属する国会議員について

  • 日本公国主義共和党に所属する議員および日本公国主義共和党に所属する国会議員は、日本公国主義共和党の制度上の制約からの独立、およびそれらに関する限りからの自由について保証されております=党則規定からの自由の保証
  • 日本公国主義共和党に所属する議員および日本公国主義共和党に所属する国会議員は、公約の明解さ、および公約違反に関する事に関して辞職の責任をまで、主事義務を担う事に関する必然性を認めます

自由主義の平等について

新首都建設に関する、政府、地方自治府における必要十分条件及びそれらの法案件の作成

小さな意見の取り上げについて

  • 著作権法の更なる整備において、小さな工夫から、全く新しい概念に至る主なる新技術を、政策にも逸早く取り入れるべきであります
  • 新著作権物は、国定資産規模において有益であり、企業としての既得資産であります。特許法の整備において、これらは守られるべきであり、小さな意見は、多数決の原理によらずとも、常に政策に反映しているべきであります
  • 著作権者の地位向上は、勢力としての至上課題であり、新技術は、小さな意見としての位置よりも、インテリゲンチャとしての意見として、常に保守に反映されるべきであります
  • 公害環境問題の解決解消に置ける著作権は、それを積極的に国政に反映されるべきであります
  • それらに関する法制立案は、民間の利潤を、妨げるものであってはならないものとするべきであります

市民主導型政治、及びそれらの実践勢力としての”日本公国主義共和党”

  • 紳士淑女の会は、市民サポーター制度と同じ意味であるべきであり、各地方自治府、各地方自治体ごとの市民運動の、総集であるべきであります
  • 中小企業連合会等と、密接に行動を共にし、実践が社会政治であるという立場を堅持して行くべきであります
  • そのためには著作権型企業-ベンチャー企業--SOHO-等の利潤を代表しているべきであり、著作権者の側の政治姿勢をもっと国政に反映させるべきであります
  • 市民の政治技術は、それを積極的に国政、地方自治府、地方自治体に、特色として反映されるべきであり、著作権型政治を、保守政治の基盤と据え、見つめなおすべきであります
  • 著作権を持たざるものの有利化された思想は、書面化として形あるものとして、市民権をサポートするべきものであり、市民サポーターは、二次的に著作権者の側に立つべきものと考えます
  • 政治はあくまでも明文化された、思想反映であり、知識人は常に市民の側に立つべき義務があるものと考えます

郵政三事業の民営化について(国民仕様のブリッチ バンク的期待感)

郵政三事業の自治体主権からの独立に関しての法案

民間保証内容としての、一般民間銀行内容との、共有内容の税理化に関する法案

調停内容に関する法案

前提内容に関する税理法案

国有地外法案

税務署の国有地外法案

第三セクター関する取りまとめ
(国民の期待感に関する取りまとめ)

オール.セクター(独占カルテル禁止法)企業の違法性

日本国国土緑化保全基本法施策に関して

”日本公国主義共和党”の他政党との連立内閣としての”出島”は、国有地の外にあるべきであります

政党のインターネット使用は、…..co.jp、…..ne.jp使用と規定するべきであります

  • ”日本公国主義共和党”の他政党との連立内閣としての”出島”は、国有地の外にあるべきであります
  • その上での”出島”とは、選挙事務所としての通常での開設を、国有化という概念から、完全に独立したものととしてとらえ、常に民間という地盤の側に置かれているべきであります
  • その概念は、インターネットとしての機関の開設の要旨にも沿うべきであり、インターネットの公開は必然的に、著作物権の存在する、不転売資産として、公用されるべきであります
  • これら法人的”出島”は、別件内容としての保護を求められる一つの資産として、課税の対象であるべきであります
  • それらを受け、非営利法人としての特殊性を除いては、”日本公国主義共和党”は、他党との連立を受け入れる用意を常に持つべきであり、その上での関連としてのインターネットに関する必要法案件を準備する必要があります

バカンス法(長期休暇に関する法案)は、盗聴法整備に関する法案の代換に、市民が勝ち取るべき法案であります

  • 刑事事件の加害者の特定のために盗聴器を使用するのは、現代の事件の難題化に即してやもえない事であります
  • ただしこれら法案に即し、市民は市民生活の側のゆとりを保証されてなければならず、政府は盗聴法整備の代換に市民生活の側に関する法整備をするべきであります
  • 政府は雇用創出のため、バカンス法を即座に考慮に入れるべきであり、国民全体の労働基準を見直すべきであります
  • 時代の推移により量子通信技術の成立に伴い、即時に銃刀法および盗聴器使用禁止法案を設けるべきであります

制度的身軽さについて

  • 地方自治法条例主権および権利の、国と新自治府内立法機関との関係について(日本公国主義共和党的経済概論)
  • 国際関税権主権の新自治府への譲渡(自由貿易港諸権利法法案)など
  • フリーポートの自治的主導性(サポーター制=住み良い国民性に関する審議の諸権利の制度化法案)について
  • 自治的中立における、自由の主権について

政党へのリンク

法文研究科へのリンク

我々の神様は、全ての生き物と、美しくありつづけるべきである

法律は、神様と我々生き物との永遠の生を、意味するものでなくてはならない

◆ 日本公国主義共和党・日本公国主義共和党 ◆民主共和主義派
<代議士なし:現職議員、元議員、新人募集中>

三川 伸の哲学講義開設予定

哲学講義

  • 哲学概論
  • 自然科学概論
  • 文学論

哲学概論

  • 哲学史概論
  • 最新哲学紹介
  • 三川 伸哲学素論

自然科学概論

  • 自然科学史概論
  • 最新自然科学紹介
  • 数学史概論
  • 三川 伸ライセンス

文学論

  • 文学史概論
  • 最新文学紹介
  • 三川 伸文学論

詩学